【オーダースーツ?既成スーツ?】私が既成スーツを買わなくなった理由

  • 2020年9月28日
  • 2020年11月13日
  • Fashion

スーツを買う時、選択肢は二つあります。既成スーツかオーダースーツか。
以前は私も既成のスーツを着ておりましたが、今はオーダーしたスーツだけを着ています。

既成スーツをやめた理由は大きく3つです。

体系に合わず、余りが出てしまう箇所があった。
②量販店で買うときに楽しさを感じられなかった
③オーダースーツでも値段があまり変わらない。

20代、サラリーマンになりたての頃、スーツのイロハも知らない私は、なんとなく既成のスーツを着ていました。

漠然と不満はあったものの「スーツってこんなものかな。」と思い込んで、このまま何十年も既成スーツを着る覚悟でした。オーダースーツの世界を知らなければ、漠然とした不満を抱いたまま既成スーツを着ていたことでしょう。

皆様のスーツ選びの参考になればと、私が既成スーツを着なくなった理由を書いていきます!

【猫背・O脚】既成スーツは体型に合わない

これは私の体型のせいでもありますが、既成スーツでは何か所か「合わないな。」と思う部分がありました。
別に痛いとかではないので我慢できる事なのですが、なんとなく気持ちが落ち込むというか、「テンション下がるな~。」と思っていました。

猫背だと襟元に隙間が出来る

現代人に多いとされる猫背ですが、私も例によってそれでして、既成のジャケットを着た時に襟が首に沿ってくれないのです。
浮きがでると言いますか、シャツの襟とジャケットの襟の間に空間が出てしまうんですね。

スーツ オーダー

自分だけかもしれませんが、これが結構気になっていて。
当時一番嫌だったポイントですね。

これは型紙の問題なので、値段に関わらず既成スーツだと十中八九浮きがでます。
奮発して1着10万を超えるようなジャケットを買ってこの浮きが出た時は、買った嬉しさが飛んでいきました。

逆にオーダーだと、値段に関わらずここの補正が出来ます。
スーツ オーダー

O脚が目立つ

お恥ずかしながら、猫背の上にO脚でもありまして。既成のスーツだとすごく目立つんです。
特に、私がサラリーマンになりたての頃はイタリア系のスーツが主流でして、わりと体のラインに沿ったシルエットのスーツが多かったのです。

具体的にどうなるかというと、O脚の場合は足の外側の方が張っていて、逆に内側には余りが出てしまうのです。
つまり見た目としてはスラックスの内側の生地が余り、よれて見えるんですね。

スラックス
シワにならず、ストンと落ちているシルエットは、カッコいいスーツの条件です。

こちらもオーダーだと、値段に関わらずO脚補正を入れてくれます。

スーツ スラックス

遠目で見るとO脚補正のないスラックスにはシワが入り、結構な違和感があります。
写真のスラックスは決してアイロンをかけていないわけではありません。
オーダーだと猫背O脚の補正が出来る。

既成スーツを買うときに楽しくなかった

これは体に合うとか合わないとかは関係なく、モノを選ぶという意味で楽しくなかったのです。

未熟者ながら、私は学生時代からトラッドな物や服が好きでした。着る以前に、モノ単体として魅力があるものを買いたくて、お金がないので古着屋でバブアーやらオールデンやらを見に行くのが楽しかったのですが、量販店のスーツ屋では全くその楽しみを感じられなかったのです。

スーツと言えば大手の量販店

今であればボリオリやらタリアトーレやら、モノとしてカッコいい既製スーツがある事を知っていますが、当時はお金も無いし、スーツと言えば大手のスーツ屋しか知りませんでした

これから先ずっと毎日着るものなのに、胸躍る買い物ができない。」

という事がすごく嫌でした。それが理由でスーツを着ない仕事に転職しようかと思ったくらいです。

スーツをオーダーする事自体もトラッド

そんな中で、どうにか楽しめないかと思ってたどり着いたのがオーダースーツです。テーラーに置いてある生地自体に、モノ単体としての魅力を感じました。また、生地から仕立てるという行為自体がトラッドで、魅力を感じたんですね。

そこから徐々にスーツに興味が持てるようになり、深入りすればこんなにも面白いのか、と思うようになりました。

・オーダーではモノを買うときの興奮が味わえた。

【高コスパ】既成もオーダーも値段が変わらない

正直に言えば、これがオーダーに行った一番のきっかけですね。しがないサラリーマンの私、とくに当時20代前半ですので、今以上にお金がありませんでした。

当時、安価な既成スーツの相場は20,000円~30,000円程度。イージーオーダーは今よりは少し高くて、40,000円程度が多かったと記憶しています。
それでも価格差は10,000円程度で、お試し感覚で払える金額でした。

いまではイージーオーダーの価格は更に安くなっていて、オプションを追加しなければ20,000円以下で作れる場合もあります。
以前よりも気軽にオーダーを楽しめるようになっているので、皆様にも是非オーダーをして頂きたいです。

既成スーツとオーダースーツの価格差は10,000円程度

まとめ

既成スーツを着ていた時は、我慢できるものの、スーツを着る事が楽しくなく不満でした。
しかし、スーツをオーダーするようになって、他のどんな服よりもスーツが好きになりました
今ではスーツを買うのも、着るのもとても楽しいです。

「体型に合わない。」、「スーツを着るのは楽しくない。」という方がいらっしゃいましたら、価格は既成とほぼ同じです。一度オーダーを検討してみてください。
きっと楽しい世界が待っていると思います。

私のブログでは、初めてスーツをオーダーされる方に向けた記事を書いています。
是非参考にしてください。

関連記事

初めてスーツをオーダーされる方に向けて、失敗しないために絶対に押さえておいて欲しいポイントをご紹介します。 最近は大手のスーツ屋がオーダースーツを始めたり、価格が安くなってきていたりと、スーツのオーダーは随分身近になってきました。 […]

オーダー スーツ
関連記事

準備を念入りにしてテーラーに行ったら、「いざ、オーダー。」という事で実際にテーラーに行ってからの、スーツの生地選びについて書いていきます。 私は、生地選びはスーツをオーダーする上で、最も楽しく、最も難しい事だと思っています。 デザイ[…]

バンチブック
関連記事

この記事ではせっかくのオーダーという事で、ココは拘りたい、拘ってほしいというオプションを紹介します。 実際にテーラーに行くと、専門用語が多かったりしてなかなかオプションをつける気にならなかったりします。 しかし、ディティールに拘ると[…]

本切羽 スーツ