【Barbour】ビデイル・ビューフォートの違いを徹底比較

  • 2020年9月30日
  • 2021年1月11日
  • Fashion

今回は秋冬の定番アウター、バブアーについてレビューします。

初めて買うバブアー、どのモデルにしようか悩みますよね。

ビデイルとビューフォート。

語りつくされた比較ですが、今回はそれぞれのサイズ感の違いや、個人的に使っていて「ココが良い。」と思うポイントを記載していきます。

まずは私がバブアーを好きな理由を3つ↓

①一生モノかは分かりませんが、とりあえず10年現役です。
②今のオイルは臭くない!ほぼ無臭です。
③ビデイルは着回しの良さ。ビューフォートは収納量の多さ。

バブアー 比較

barbourについて

barbourは1894年イギリスで生まれた、トラディショナルな服メーカーです。コットンにオイルを染み込ませた布を使い、漁師の方向けに防水服を作ったところから始まっています。

ゴアテックスもイーベントも無い時代、当時最新のレインウェア。今では100円で雨カッパが買えますが、その重厚で唯一無二の雰囲気から、100年以上経った今でも、トラディショナルラバー達を魅了し続けています。

バブアー ロゴ

公式サイトはこちら

ビデイル・ビューフォートの違いを徹底比較『使用シーンは?』

バブアーの使用シーンは、めちゃめちゃ広いです。
アウターなので時期は当然秋冬に限られますが、大体10月から3月まで年間の半分くらいは使えます

スーツでも。バブアー スーツ

カジュアルでも。
バブアー カジュアル

格好よく決まります。

後ほど触れていきますが、スーツにはビューフォート、カジュアルにはビデイル、なんて言われてたりもします。
ビューフォートの方が丈が長いので、スーツの裾がちゃんと隠れる、というのが理由です。

ビデイル・ビューフォートの違いを徹底比較『臭い?』

「バブアー、買いたいな。」と思って検索していると、「臭い。」「電車で迷惑。」という情報にたどり着き、良識ある大人な皆様は「よし、やめておこう。」という結論に至るのではないかと思います。

しかし、これについて私見を申し上げれば、大丈夫です。

確かに昔のバブアーは独特の匂いがあり、良識の無い私でも「さすがに電車は着るのやめよう。」と思うほどでした。
古着屋で見かける使いこまれたバブアー、あの匂いです。それはそれで好きなんですが。

バブアー 匂い

しかし現行のバブアーは違います。正直、無臭です。

目は悪い私ですが、鼻には自信があります。
しかし、そんな私でも感じ取れない程に匂いはしません。

ちなみに、現行品はオイルのベタベタ感も随分改善されているので、触ってもそれほどベタベタしなくなりました。
オイルを入れ直した直後だけは、公共機関の椅子は避けましょう。

・現行品はほとんど無臭
・オイルのベタベタ感も改善されている

ビデイル・ビューフォートの違いを徹底比較『モデルの紹介』

さて、本題であります比較の前に、それぞれのモデルをご紹介します。

BEDALE(ビデイル)

バブアー ビデイルバブアー ビデイル

ザ・バブアー。ビデイルです。

セレクトショップで置かれているのもほとんどビデイルです。
乗馬用に作られたモデルで、座りやすいように背面がサイドベンツになっているのが特徴です。
着丈も他モデルよりも短めで、コーディネートに溶け込みやすいモデルです。

BEAUFORT(ビューフォート)

バブアー ビューフォートバブアー ビューフォート

個人的にイチオシのモデル、ビューフォート。

ハンティング用のモデルで獲物を入れるため、腰からお尻の辺りまで大きなバックポケットがあります。

何が良いって、この容量。
現代人は持ち歩くものが多いです。財布、スマホ、タブレット、充電器、イヤホンなど。
ビューフォートには全部入ります。手ぶらで出かけられる幸せ。最高です。

・ビデイルは着丈が短く、コーディネートに馴染みやすい
・ビューフォートは収納が多く、手ぶらで出かけられる。

ちなみにどちらのモデルでも、レギュラーフィットとスリムフィットが販売されております。
同じサイズでもレギュラーフィットのビデイルは、スリムフィットのビューフォートと同じくらいの着丈があります。

次はいよいよそれらを比較をしていきます。

ビデイル・ビューフォートの違いを徹底比較『デザイン』

平置きでの比較

まずは平置きの状態で比較します。
下の写真はどちらもスリムフィットのビデイル(左)とビューフォート(右)です
バブアー ビデイル ビューフォート
いかがでしょうか。ポケットの位置、裾の長さが結構違います。
着用していても、なんとなくビデイルはジャケットビューフォートはコート、という感じがします。

次の写真は真ん中にレギュラーフィットのビデイルを入れたものです。
バブアー クラシックバブアー 比較
レギュラーフィットのビデイルは右のスリムフィットビューフォートと殆ど着丈が変わりません
全体にゆったりとしたフィット感なので、同じサイズでもかなり着用感が異なります。

でも不思議と着丈が長くても、ビデイルはジャケットっぽく着られるんですよね。

【身長165cm】着用しての比較

次はそれぞれ着用して比較していきます。参考までに私は身長165cm、体重50kgで、着用サイズはすべて34です。

まずはスリムフィットのビデイルから。
バブアー スリムフィット
今回ご紹介した中で、最もすっきりして見えるモデルです。
アームホールも細く、身幅もタイトめなのでシャツ+ニットなど、インナーは軽めのものにしたいサイズ感です。

次はスリムフィットのビューフォートを。
ビューフォート スリムフィット
アームホールや身幅はスリムフィットビデイルと同様ですが、やはり着丈が違うとアウターらしさがでます。

最後にレギュラーフィットのビデイルを。
バブアー レギュラーフィット
レギュラーフィットはより無骨。スタイリッシュなスリムフィットには無い本物のトラッド感
アームホールや身幅も太いので、中にツイードジャケットなど厚めのものを着られます

・最もスッキリして見えるのは、スリムフィットビデイル。
・よりトラッド感が欲しければレギュラーフィット。

トラッド感とか言われると、絶対にレギュラーフィットが欲しくなる男心,、わかります。
しかし、体系に合うかどうかはまた別の話。
是非ご自身に似合うモデルを選んでください。